ゆめのあと

情緒不安定なオタクです

桜庭薫のソロ曲「Because」を聴いて考えたこと

外出するほどの気力がないので先日発売されたTHE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 04」に収録されている桜庭薫のソロ曲「Because」の話をします。
曲の感想や考察というよりは、オタクがBecauseを聴きながら桜庭薫について考えたことを覚え書き程度に書き連ねただけです。あと、私、脳内に様々な世界線の桜庭薫や315プロダクションアイドルを収納しているタイプのオタクなので、言っていることが矛盾だらけだとしても許してください。n番目の世界線の桜庭とn+1番目の世界線の桜庭は、ほら、やっぱり、ちがうじゃないですか?どの世界線の桜庭も結局は公式に収束するんですけれど。そういうことです。そういうことです!!!
さらに言うと私は桜庭のプロデューサーではなくてファンだし(その力強い歌唱でステージから客席という距離をものともせずに奪ってほしいな、と思っています。奪ってくれよ〜〜)そのファン歴もわりと短いので、心のひろーいヒーローのような気持ちで……その、なにか間違えていたら教えていただきたく……と、ここまでが前置きです。

2月3日

ツイートの整理も兼ねているのでここから書きます。試聴開始日です。
私、この試聴を聴いた時点で桜庭は姉を亡くしてからというものずっと「姉を亡くした弟」それだけでしかなかったんだなあと思って。ふつう、人間は様々な面をもっているものではないですか。プライベートの自分、学生の自分、社会人としての自分、だれかの友人だったり恋人だったりする自分。そういうもの、一切、ないんですよ。姉を亡くしたときが11歳だったと仮定すると桜庭は15年間も「姉を亡くした弟」それだけであり続けていたのだな……と。
もともと聡い子であっただろうことは想像に難くないのですが、そこに努力を重ねて、ハイジョちゃんに向かって言い放った「東大でも受けさせるつもりか?(でしたっけ)」発言からするに相当偏差値が高い大学の医学部と医師国家試験をストレートで合格したのでしょう。アイドルを志した理由もお金を稼ぐためですから、ドラスタ結成時の彼もやっぱり「姉を亡くした弟」だったはずなんです。それが、それがですよ……
徐々に歌うことの楽しさを思い出す。アイドルにやりがいを感じる。喧騒に心地よさを覚えるようになる。桜庭は確かに「生まれ続け」るんです。この、生まれ続けるという言葉、すごく重要だと思っていて。生まれ変わるのではないんですよね。「姉を亡くした弟」の部分も大切にしたまま、桜庭は「アイドルの桜庭薫」「DRAMATIC STARSの桜庭薫」それから「315プロダクションの桜庭薫」を新しく発見する。それらの桜庭薫をひっくるめた「完璧な輝き」であり「僕の全て」をお姉さんがいるのでしょうあの星空に向かって歌うのですから、ウッ、やばくないですか……?
病を根絶するそのためだけに捧げられた一切の無駄がない桜庭の人生、決して泳ぎを止めることができないイルカのようで、まっすぐに燃え尽きてゆく流星のようで美しくて好きだったけれど、そのままだったら「僕の全て」なんて歌えなかった。全てもなにも病の根絶しかなかったのだから、なんてことを考えると泣けてきてしまいますね。情緒不安定だからね。はやく情緒不安定なオタクを卒業したいのに難しいね。
あと、赤の一番星こと天道輝の「THE FIRST STAR」では最後に「つづけ、未来へ……!」と歌うのに対して桜庭が「踏み出した一歩はどこにいたって望む未来へつながるだろう」と断言してくれるところ、個人的にグッときます。同じようなことを希望と確信でそれぞれ歌い上げてくれるのですが、どちらも強くて、どちらも弱くて、ああ、全然うまく言葉にならないな。伝わりますか?伝わってください。それから、天道は「背を向けそうになったとき」桜庭は「笑いかた 忘れそうなくらい 俯いた日々」なんですね。この表現の違いも桜庭は「姉を亡くした弟」としてしか生きてこなかったからかな?と思っています。それ以外の生き方を知らないからいざというときにうつむくしかできない。もはや逃げることさえできない、夢のために人生のすべてを賭けているからこそ夢が叶わなかったときになにも残らないようなリスクをはらんでいる、桜庭薫の人生はほとんど博打なので。
話は変わりますが「受け取ってほしい 僕の全てを」だけを抜き出すともれなく夢女の私が死にます。

2月11日

うちだゆうまがBecauseをうたっていたような気がします。幻かもしれない。

4月26日

びっくりした。思った以上にラブソングだった。ラブソングでしたよね……?おまえどれだけドラスタのことが好きなのって。大切なのって。知っていたけれどさあ!(インテリは愛が重いですね)(インテリの風評被害
でも、まさか2番の初っ端から天道と翼のことを眩しいと表現するとは……?なに?桜庭、最初はふたりのこと、中年とガキだと称していたくせに!2歳差だろうが!というのはさておき「眩しくもあって」です。眩しいから真っ先に連想されるワードは羨望なのですが、もしかしたら、桜庭はドラスタの中では半歩後ろに立っているのかもしれないなって。それは悲しいことかもしれないし、彼にとってだれかの後ろにいるということは姉を亡くして以来ありえなかったことでしょうから、むしろ尊ぶべきなのかもしれない。まあ、でも、ドラスタのふたりなら桜庭のそういうところをかんたんに見抜いてくれるだろうからさほど心配はしていませんが。
ここからはほんとうに純度100パーセント私の妄想になるのですが、私、桜庭は将来難病治療の研究チームに加わるため、アイドルを休業すると思っています*1。仇討ちのように一人きりで病の根絶を目指していたのだろう彼がチームに加わるという、それはまぎれもなくドラスタの影響でしょうし、桜庭の努力をいちばん近いところで見てきたからこそふたりは彼の背中を押すと思います。押してほしい。きっとトップアイドルの先にそういう未来が広がっているのではないかなあと私は勝手に想像していて、そうすると桜庭はアイドルでありながらどこまでも医者なんです。ドラスタのことが大切になればなるほど、ドラスタが完璧なアイドルに近づけば近づくほど、その医者である部分が桜庭を苦しめるのかもしれない。負い目になるのかもしれない。自分がいなくなってもドラスタは大丈夫だと思いたいし、思いたくないのかもしれない。それでも桜庭は「強く在りたい」と歌ってくれるから大丈夫だな、と思います。名前の儚さのわりに強いんだよなあ。好きです。桜庭の強いところがめちゃくちゃに好きです。
そういえばBecauseという曲名は「あなたの弟だから」「アイドルだから」「仲間がいるから」完璧な輝きを届けられる、だと思っていたのですが大外れでしたね。信じているからか。そうかあ。
あっ、それから、赤の一番星とBecauseは対応しているのかな?と思うところがちらほらあって「胸の中に生まれたヒカリ」「胸の奥 そっと灯をともせるように」だの「もう迷わないと決めさせてくれた」「変わらぬ意思で振り向かないで目指してゆける」だの、ふむ、となりますね。
そうしてドラスタといえば柏木翼の「約束はドリーミングフライト」なんですが。あの、あのね。私、翼が歌う「君」がいったいだれのことをさしているのかちょっと自信がなかったんです。ファン?プロデューサー?それともドラスタ?どっちなんだろう……と思っていて。ただ、「おどろきな演出しよう 君のそのココロの記憶にスマイル残せますように」がもしかしたらBecauseの「驚きと感動が切磋しあっている」ここにつながるのかな?と……どうかな……桜庭、翼の成長や努力にわりと驚いているイメージがあるのですが……とにもかくにもBecauseを聴いたあとだと翼のソロがほんとうにみんなで夢を叶えましょうね!という感じでなおさらかわいいというか……かわいいですよね……笑うことを天道が「笑顔」桜庭が「微笑み」翼が「スマイル」と表現するところも最高にかわいい(翼は最後に「星が笑ってるよ」とは歌うのですが)なるほどやっぱりドラスタの潤滑油は翼なんだなあというか、ライブ前に一人で突っ走るなよなんて言い合うふたりの手をちゃーんとつないでくれている、ああ、いいユニットだなあと思います。
あとね!あとね!それぞれのソロを聴いて、ドラスタが自分以外のふたりを思い浮かべるとき、そのふたりは笑顔なんだなあと確信したんです。それがほんとうにすごく嬉しかったな……嬉しかったなあ……初聴でしくしく泣いたので。言いたいことがたくさんあるのに言葉にならないと泣けてきてしまう。ほんとうに情緒不安定なオタク、やめたい。

私、めーっちゃ書いてるな!?万が一にここまで読んでくださっている方がいるならありがとうございます。これで最後です。
Becauseのラスト「これからもずっと」これ、これさあ……私、桜庭はふつうの人間と生きている世界がちがうと思っていて。彼は幼い頃に姉の死に直面して、大人になってからも、医者というたくさんの人の死に触れる仕事に就いていたわけではないですか。だから、なんとなく、桜庭にとっての命は一日後、一時間後、一秒後になくなるかもしれないものという認識だったのではないかな?と考えていたんです。追い立てられて生きている。彼が努力家の理由はたくさんあるんですけれど、それもそのうちのひとつだったのかなって。毎日全力を尽くさなければ、という焦燥感のような。でも、天道は「きっと大丈夫 いつも傍で支えてくれる最高の君といるから」翼は「約束するよ 手をひいて(中略)キラキラの夢を一緒に叶えよう!」と歌います。歌ってくれます。ここはプロデューサーに向けて歌っているのかなと最初は思ったのだけれど、多分、ドラスタに対しても歌っているのではないかなって。桜庭は俺の傍にいつもいるし、薫さんの手はオレがひきますよって、だから終わるものなんてなにひとつないって、冷静になると考えすぎだしこじつけじゃねーか!って感じなんですけれど、お、思わせてください……彼らに対して桜庭が「見ていてほしい 僕の全てを賭ける理由を これからもずっと」と返しているのだと思わせてください……そうです、ユニット至上主義者なんです……

というわけでめちゃくちゃに書きました!支離滅裂だけれど桜庭薫とドラスタに対する愛だけは詰め込んだつもりです。オリピ04をまだ買っていらっしゃらない方がいたら、ぜひに。買っていなかったらここまで読む前に意味がわからなくて挫折していると思いますが(買っていてもわからないと思う)(書いた私も一週間後に読んだら理解できなさそう)
いちおう、試聴動画は貼っておきますね。もちろんBecause以外も素晴らしいですよ!名盤ですよ!
www.youtube.com

わーい、空が白んできた~~!春はあけぼの!ちゃんと寝ますね。おやすみなさい、ありがとうございました!


5月7日

ぐりつあ すごかった…………
「DRAMATIC STARS」という三人組のアイドルを表す名称にすぎなかったものが、たしかに、この世にふたつとない絆の名前になっていることをまざまざと見せつけられました。こちらからは以上です。

*1:ドラステは単行本で読んでいるのですが個人的に???なので……読解力がない……

無職がソシャゲのイベントを走り抜けた話(SideM)

タイトルの時点で心が抉られますね。こんにちは、無職です!

元気よく挨拶しましたが、就寝前に処方されている薬を飲んだあとなので、まあ、眠いです。すーっごく眠い。眠いのだけれどスマホを開くと桜庭薫が見つめてくるから、あっ、あっ、どうしてこの男はこんなに顔がいいんですか!?なんなんですか!?やめてください!!!……こういうテンションで備忘録を書いていきたいと思います。

ライブイベントは1枚取りさえしたことがなく、デッキは14+が2枚とポイント特攻の都築さん、SR恒常ドラスタ+が2枚、あとはみんな大好きFRAMEです。フルパンで1,100,000~1,200,000くらいかな。どこに出しても恥ずかしくない弱小デッキだと思っています。それでも桜庭薫の名入り称号は手に入ったよ!無職の強みは時間が無限にあることだ!(日常生活のすべてをかなぐり捨ててぽちぽちすればゼリーと限バーのみで2000万pt/日は稼げるとわかったので無職の方は参考にしてください)最終は2億6800万ptでした。ちなみに長チケは1万3000枚ちぎりましたが桜庭はきませんでした。嫌われている。桜庭は無職、嫌いそうですよね……そもそも無職を好いてくれるアイドルはいるのか……

 

 

4月21日

イベントが始まる前から吐きそう(情緒不安定なオタク特有の現象)。こういうときに同僚のお友達がいればいいのだけれど、いないので、とりあえず近所のショッピングモールに出かける。だれか人がいるところでイベントをはじめたいという一心です。ソフトバンクユーザーが無料でもらえるサーティーワンアールグレイなんちゃら(やたら甘かった)を食べていると、いよいよ17時。アイスクリームじゃなくて強めの酒を呷っておけばよかった、クソ、どうして自分は今シラフなんだと腹が立ってくる。イベントの告知が始まる。こんなにかっこいい男があるかよ~~!?!?!?どういうことですか!?!?!?

後ろの席でおそらくバイトの面接かなにかをしていたんでしょうね、若い女の子と上司らしき男の人がお話をされていて。その前でずっと口元を抑えている私。だってあまりにかっこいい……かっこよくない……?まじかよ……

とりあえずパーチケを10枚つぎこんだらあんたんしてくれました。イベントが始まる前はパーチケあんたんできたら1枚取りを目指そうと思っていたのですが、その予定はガラガラと崩れた。崩れていく音を確かに聴きました。ありがとう。ありがとう、あんたん、これはほんとうに2枚取りまで走らないといけない。走る。それにしてもチェンジ前の顔がよすぎるしこっちを見つめないでくれ夢女になる夢女になってしまう助けてくれと思う。桜庭薫~~!!!

プレライを発生させるたびに桜庭がいちいち九郎くんを煽っているようにしか見えなくて笑う。「その粋とやらを見せてもらおう」って、なんなんだおまえは。何度も繰り返し見ているうちに、ああ、ただ、桜庭は九郎くんのアイドルになったいきさつなどをふまえたうえで「君の本気を見せてみろ」と言っているにすぎないのだなあと納得しましたが。不器用ですね。

4月22日

「桜庭の2回目のスカウト台詞がやばい(要約)」というツイートを目にして、我慢ができず、残り20枚のパーチケをつぎこむ。あんたんしました。あのね……すごい……私が好きになった桜庭薫そのものという感じ……私、普段はボーイズラブを嗜んでいるのですが、このときばかりはほんとうにやばいと思いました。私が中学生だったら間違いなく桜庭薫でメル画を作っている。作るでしょ。作らざるを得ないでしょ、こんなの。

そういえば、3月からオリピの桜庭は絶対に手に入れるという意思表示でイチオシをオリピ輝と翼にしていたのですが、やっとそこに桜庭を加えることができて。あの。たその声、めっちゃいいですね。天才。ドラスタの掛け合い台詞を考えた方に金一封を差し上げたい。今更ですけれど。

あと、ここですでにハーフゼリー60とフルバー30とミニバーを500食べていることに気がつきます。スタダ1000×2と5000を購入。あっもともとはゼリー440、ハーフが80、フルバーが170、ミニバーが750でした。

4月23日

このときだいたい50位前後にいたのですが、ランキングがひとつ落ちるだけで異常に不安になる。バーを節約しなければいけないと思ったのでひたすらにゼリーを食べて差し入れをもらってライブを叩くという、それだけ。果てしない。

プレライをワンパン放置する新人Pちゃん!ゆっくり覚えていってくださればいいのだけれど、ワンパン放置されると人が死にます!……とこの日まで思っていたけれど、実際、ワンパン放置されたプレライを二回くらいフルパンでたたくとだれかしらが参加してくださることに気がつく。ありがたくMVPを頂戴するね!大ライブプレライ問わずラスパンも大好きなので積極的に狙います!

もともとメンがヘラして最近無職になった人間なのですが、このあたりはほんとうになにを食べる必要もなく(ゲーム内でゼリーとバーを食べていたし)とくに眠る必要もなく、なんだかとても走りやすかったです。あと、この日にググプレカードを15000円買いに行きましたが、このお金でリアルに神戸に行けるな、とは思いました。コンビニ帰りの空が綺麗でした。

わたしの味方は生きているだけで褒めてくれるbotだけなのでは、とつぶやいていたのでこのあたりでそろそろ精神がやばかったのかもしれない。6000万ptにのりました。

4月24日・25日(あやふやなのでまとめさせてください)

こんなにかわいくてかっこよくて美しい桜庭薫が野球のユニフォームを着るんですか!?赤の系譜に囲まれて!?イベントにまったく関係のない話ですがしゅごんがめちゃくちゃに緊張していてかわいかったです。あと、ニコ生終了後にボーダーが加速して焦りました。1時間で500万pt以上稼いだと思うんですけれど、ニコ生関係なく、23時~1時はボーダーが加速するというだけのことかもしれない。お風呂のふたにスマホを置いてタップしまくっていたら、自室でベースの練習をしている弟と素敵なアンサンブルを奏でたようになりましたが、全然!全然楽しくなかったです!それ以降はほんとうにしんとするので桜庭Pさん、みんな、眠っていらっしゃるんだなあと思う。徹夜すると主治医に怒られますものね。というか、社会生活がありますもんね……

それから、ツイッターで検索するとたくさんの方がボーダーが高いと言っていて、ああ、そうなんだなと思う。私は自分の愛に自信がない人間で、SideMはいちおう初期からプレイしているのだけれど放置期間も長いしせいぜい微課金だし、そんな私がSideMを好きと言っていいのか……?という不安に常に悩まされてきたので、高ボーダーのイベントを必死で走り抜けたらちょっとは自信がつくのかなと思う(他の方の愛については無課金だろうとゲームにさほどふれてなかろうと自由では?という考えです……)爆死してもいいから走り抜けよう、って気軽に考えることができていたのはパーチケのおかげかもしれませんが……

あっ、思い出した、天道輝と高槻やよい諸星きらりというかわいいの暴力のような三人組が担当することになったロッテマリーンズが2013年に踊っている恋するフォーチュンクッキー、多幸感にあふれているので見てください。メンヘラだから話が飛ぶ。

www.youtube.com

4月26日

日付が変更する前後のボーダー加速っぷりに快感を覚えるようになる。昼間にひとりでさみしくゼリーをすするのは、やっぱり、すごく、孤独なので……深夜に1億ptを突破して大体30位台。

朝起きて、オリピ04が届いているのを発見する。聴く。死ぬ。完。こうきたか~~!という感じでした。桜庭薫のクールに見せているくせ、その実、だれよりも愛情深いところがこれでもかという感じに押し出されていてよかったですね……最高……また「すべてを賭ける」これ以上にこの男を表すにふさわしい言葉がありますか?桜庭って名前は儚いくせに驚くくらいにギャンブル性の高い生き方をしていて、夢のために人生のすべてを賭けているからこそ夢が叶わなかったときになにも残らないような、もしかしたら本人もそのことを自覚しているからこその努力家なのかなと考えたり。

Becauseを聴いてだれよりも私が救われてしまった。私が想像していた百倍桜庭の見ている世界が優しくて、きらきらとしていて、よかったなあ。よかった。だって、この男、姉を奪った病の根絶、それだけのために生きてきたわけじゃないですか。仇討ちにすべてを捧げた男にとって世界が美しくある必要、あります?ないんですよ。それなのにBecauseを通して桜庭が見ているものを見ようとするとほんとうに綺麗なんです……嬉しかったなあ……

4月27日

ものすごくよく眠れるという睡眠薬を処方していただき、しかしものすごく眠れてしまったらイベントに支障がでると思ったので、自己判断で服薬をさぼりました。最後のひとかけが眠りにつけないような、ずーっと金縛りにあっているような睡眠の後、人生で初めてパニック発作を起こしました。ソシャゲが原因でパニック発作って……(友達からは優しく叱られた)ここからはメンヘラ話なんですけれど、背中がビリビリと熱くなって手足がしびれて息ができなくなって、混乱しすぎているせいで脈も心音も聴こえなくて、絶対にこれは心筋梗塞で死ぬんだって思いました。今も抗不安薬を飲まないと背中が熱くなってくるので厄介な身体になってしまったな、なにが主治医だ、という気持ちです。嘘です。完全に自業自得だし社会復帰が遅くなってしまう……やめてくれ……

心療内科に行った後、今度こそぐっすりと眠りました。イベントの予告が出ていた。私、ドラスタファンで担当はWなんですけれど、先月から天使と悪魔を予告されていたので連勤を覚悟していたら違いました。天使と悪魔はいつになるんだ。マラソンなのか。マラソンであってほしいです……

4月28日

まったく長チケあんたんができない。この時点で9500枚ちぎっていたのですが、咲ちゃんが8枚と桜庭以外の金人間が5人。うっそだろ、と思う。みなさんが出ないと言っているとほんとうに出ないような気がするのであんたん報告が見たくて検索したりしていました。まあ、序盤に書いたとおり、1万3000枚をちぎったところで出ませんでしたが。

また、昨日で懲りたのでしっかりと眠剤を飲んだのですが、まあ日中も眠くて眠くて人間って一日にこんなに眠れるんだ!?というくらいに寝ました。医者からは規則正しい生活をしろと言われていますが無理です。食事の時間は眠っています。枝毛なら桜庭が切ってくれるから大丈夫でしょ(適当)

金曜日の夜ということもあり、ボーダー加速するかな?と思っていたのにさほど動かなかったので第六感から最終ボーダーは2.2億ptでは……?とあたりをつけていました。たしかこのときに2.2億ptにのせたんだったかな。この時点で、ゼリー、200以上飲んでいます。おいしい。

4月29日

起きたらニコ超が終わっていて、クソ、眠剤め、と思う。土曜日でしたが昼間の順位はさほど変動することなく、そりゃあそうですよね、みなさん休みだったとしてもお友達と遊びに行ったり……いや、やめよう……とにかくあいかわらずゼリーを飲みながら飛んできたプレライを叩いて、大ライブからプレパスを入手し、ボナタイに入ったらプレパスを使用、みたいな感じでこなしていました。最初は10日間って長いなあと思ったけれど、いざ、前日になってみると短いような気がしてくるから不思議ですね。たしかこの日にラスパ5000をひとつ購入した。

この日、桜庭の呼称問題についてめちゃくちゃに考えたんですけれど、結局のところ、私は今回のイベストが好きだなあという結論に落ち着きました。九郎くんのプロデューサーではないので間違っていたらごめんなさいなんですけれど、彼って、茶の湯を広めたいという気持ちでアイドルを志した方ですよね。アイドルに楽しさを覚えつつも本来の目的がそこから離れたところにある九郎くんのような存在は、やっぱり本来の目的がアイドルというよりは医者側にある桜庭にとってどれだけの救いになるのだろうと思います。桜庭は医者時代も同期が「大勢の患者の命を救う!」と意気込んでいる中、自分は姉の仇討ちのために医者になってもはや救いたい命もなく、そういうところに自己嫌悪していた面があったのではないかな……とこれはオタクの勝手な妄想ですが思うので。315プロダクションが同じようにトップアイドルになることを夢として捉えている子ばかりだったら、その自己嫌悪は続いていたような気がするんです。それでも、九郎くんがいて、咲ちゃんがいて、他にもたくさんの理由ありアイドルがいて、そのことがきっと桜庭をぎりぎりのところで救っている。九郎くんのことを「茶道家」と呼ぶこと、咲ちゃんのことを「メイド」と呼ぶこと、それはおそらく桜庭が自身を「主治医」と呼ぶこととなんら変わらないのではないでしょうか。翼のような前職にトラウマじみた傷がある子を「パイロット」呼びするのはちょっとどうかなと思うのだけれど、少なくとも九郎くんや咲ちゃんのことはこれからも前職呼びしてほしいなあと私は思ってしまいます。失礼といえば失礼だけれど。でも、失礼って桜庭の専売特許みたいなところがあるし。

ウッ、こんなに桜庭について語るつもりはなかったのに語ってしまった、月夜のせいです。まあ、だから、今回のイベストで桜庭にとっての315プロダクションがどういうものであるのかに触れられた気がして私は嬉しかったなあというその一文に尽きます。拡大解釈?いいんだよ!オタクは拡大解釈をする生き物なんだ!

今日のように明日の起床が13時だとイベントがおわっている……やばいな……と思ったのですが、眠剤、飲みました。飲んだ後、イベントを走っていたらまったく眠れなくて、結局徹夜しています。桜庭ではなくてマジの医者に怒られる。

4月30日

最終日!9時まで徹夜で走っていたので2.5億ptでした。順位は42位だったかな(不吉ですね)ここまでポイントをためたら慢心できるとおもっていたのに、どんどん順位が下がるので、どうしたものかなあと思う。思っていたら、12時まで、寝ていました。起きたとき順位が80位台まで落ちているわ100位ボーダーとさほど差がないわ(これまでなんだかんだ3000万ptくらいは離していたので……)めちゃくちゃ焦って、バーも枯渇しているのにゼリー走りなんて悠長なことをしている場合ではないし、ラスパ5000をもうひとつ購入。とにかくプレライを出してポイントを稼いでいく。このときばかりはなんだかみなさん殺気にあふれていて、普段は260万くらいのボルテージを稼いでいるとMVPをとらせてくださるんですが、今回はそんなの関係ねえ!って感じでどんどんMVPをとられました。ああ、戦争ってこういうことなんだなって……でも、こっちもほとんど反射で叩いているのでいちいちMVPとか見ていられないといえばそうですね。こんなに反射神経が鍛えられるゲームも他にないだろうって。

1時間でラスパをまるまる使い切って、どうかな、まあ5分前に見たときに70位台だったから大丈夫かな……と思いながらもヒヤヒヤ。100位ボーダーが2.6億ptを超えているところは見たのですが自分のスコアは確認していなかったので。というか、2.6億pt、めっちゃ高いんですね!?はじめてのライブイベントにしてはがんばったと思います。次からはもう少し楽できそうかな……どうかな……

おわり

結局、100位ボーダーと200万ptくらいだったかな?差をつけてなんとか2枚取りできました。同僚さんとチームメンバー、途中から同僚になってくださった方、プレライを投げたら参加してくださった方、そうして全人類にありがとうございました……おつかれさまでした……桜庭薫はやっぱりめちゃくちゃにかっこよくて、イチオシにセットした彼のチェンジ前とチェンジ後の姿を見るたびにウワーッとなります。ウワーッ!かっこいい!私の中の夢女が目覚めてしまうからやめてくれ、こっちを見つめるな!!!やっぱり生き様が美しい人間は外見も美しいんですね!!!(?)

私も服薬さーぼろ!なんて言わずにちゃんと療養して社会復帰します、というか、今日はもうすでに眠剤を飲んでいるのにまったく眠くなくなってしまったぞ。ブルーライトってすごいんですね。

このイベントを自分なりに全力で走って、自分はSideMが好きですと胸を張って言えるようになったかはまだわからないけれど、ただ、もう、終わってみると桜庭薫のことがやっぱりすごく好きだなと思ったし、そんなイベントを走ることができて幸せだったな~~!と思います。楽しかった!ところで、いくら使ったんだろ。最終的にバイタルゼリーは135、ミニバーは2まで減りました。それ以外は無。無になった。Miniちゃんは初めてくらいにイベ限以外のおみやをこれでもかと食べさせられていたので、太ったんじゃないかな。

 

読んでくださった方がいらっしゃるなら、長々とありがとうございました。アイドルマスターSideMと桜庭薫はいいぞ。それでは、おやすみなさい!

はじめてライビュに行ってきました

 2017年2月11日と12日、アイドルマスターSideMの2ndライブを観るためにひとりで映画館に行ってきました。備忘録です。はじめてこういうものに参加したので、そのときの自分の心情をきちんと残しておこうと思って。パフォーマンスについては一切触れていません。というか、正直、パフォーマンスの記憶がろくにないです。最高だったことしか覚えていない。

www.lantis.jp

 軽く自己紹介をすると、オタク歴=在宅オタ歴のれっきとしたひきこもりです。行動力と計画性がなければ、コミュニケーション能力もない。SideM自体は放置期間を挟みつつもいちおうサービス開始時からぽちぽちしています(そんなに熱心ではないですが)。1stライブ通称ファスライは自宅で観ました。なので2ndライブも円盤が出るまで待とうと思っていたのに、どうしてライビュに行くことを決めたんだっけ*1。どうしてだろう。テンションがおかしかったのかな。おかしかったんだろうなあ。

 それから2nd当日までの間、もし行けなかったら公式に対するお布施と思おう……としきりに呟いていたので、わりと本気で尻込みしていました。ぼっちだし。ライブもライビュも行ったことがないし。とりあえずペンライトを購入したりコールを覚えようと思ってサイトを見て三秒で諦めたりしながら、いよいよ当日、ほんとうに寒かったのでどうしてこんな日に外出しなければならないのかと真面目に後悔しました。雪!こんな平野部で雪!

 外を歩いているときは寒さで死にそうでしたが、いざ映画館に入ると、今度は緊張で吐きそうでした。開場するまでの時間がいちばんしんどかったです。周りを見るとアイドルの缶バッチやストラップをつけている方もいらっしゃって、これから同じシアターに入るのだとわかる、わかるけれど、話しかけるどころか目を合わせる勇気さえなくてずっとアイドルたちにチョコレートを食べさせていました*2。その結果、自分が買う飲み物のことをすっかり忘れました。馬鹿です。

 座席がいちばん後ろの列で、とりあえずほっとしたことを覚えています。いきなり中列は難易度が高いし(高くない?)。先に着席されていた隣の女性に「今日はよろしくお願いします」と挨拶して、よし、もういい、十分だ、よくやった、と自分を褒めていたのに、まあ、なかなか始まらないんですよね!ライブが!時間を確認するとあと20分程度。隣の女性のその向こうが男性の方で、特にお話されている様子がなかったので、彼女もソロなのかな……?と思って、がんばって話しかけました。そういえば、私、このときはじめてSideMのプロデューサーと現実で会話したんだよなあ。

 そうこうしているうちに、もう一方の隣の座席にこちらもソロの男性がいらっしゃって。後悔しているのですが、挨拶、できなかったんですよね。ライブ後の「おつかれさまでした」も言えなかった。タイミングがなかったといえばそうなんですけれど、うーん、それでも女性だったらなんとか挨拶していたと思うんですよ。

 SideMに関して「性別を問わず楽しめる*3」というような文脈、よく目にするじゃないですか……しますよね……?公式がどういうふうに展開していきたいのかはさておき、性別に関係なくプロデューサーはプロデューサーというスタンス、私は好きなので、だからこそ自分がはっきりと性別を意識してしまったことはショックだったなあ。言い訳させてもらうと男性に話しかける勇気が女性に話しかけるときの数百倍は必要というだけなのですが、あー、そうですね!ショックでした!あのときは挨拶できなくてごめんなさい、おつかれさまでした(ここに書いても届くはずがないけれど)。次があるならちゃんと挨拶したいなあ。挨拶させてくださいね……。

  ええっと、冒頭で書いたとおり、パフォーマンスについては省きます。最高だったよ!見よう見まねでしたがペンライトを振るのは楽しかったし、わかりやすい箇所のコールは参加できたし、トリコロールも作れたし、あと「JOKER↗オールマイティ」でタオルを回したとき、暑かった会場の空気が循環して、一瞬で涼しくなったから、ちょっと笑いました。そこ?って感じですけれど、全部、在宅だと体験できなかったことだから。覚えておきたい。あれだけ憎かった雪さえ、帰路ではロマンチックに見えました。人間って単純!

 2日目。1日目がほんとうに楽しかったので、自宅を出るとき、もう緊張しないだろうと高を括っていたのですが。まあ、緊張したよね。指先が冷たかった。でも、飲み物を買う余裕はありました。今度は前の列の端っこ。隣の方と「今日も発表は同じですかね」なんて話しながら、ライブの開始を待ちました。

 今言ったところで……感はあるのですが、アニメ化の発表、あると思っていて。自分の中で決定的になったのは、2ndライブ直前ならまだしも直後にオトメディアの表紙を飾るという情報*4で、2月10日ツイッターに「油断したところにアニメ化をぶちこまれるよりは過剰なほどに備えていたのに発表がなかったほうがマシです……後者は滑稽なだけでしょ?前者は精神がゆらぐ」と残していた程度に怯えていました。なにが怖いってアニメ化が原因でキャラクターが叩かれること。アニメ化したら確実に増えるだろうアンチ的意見を目に入れたくありませんでした。情けない話ですが、自分の好きよりも名前さえ知らないだれかの嫌いを優先してしまうというか、信じてしまうような、そういうところがあると自覚しているので。余計に。

 私、今回、ほんとうにライビュに参加してよかったなあと思っています。それは大画面で彼らのパフォーマンスを観られたからだし、在宅のままでは味わえないことをたくさん体験できたからだし、なにより、自分以外にSideMのプロデューサーがいることを現実として認識できたからです。

 もちろん、ツイッターを開けばSideMをしている方はたくさんいらっしゃるし、ゲームにインすれば同僚がログインしていることだってわかります。けれど、それらは結局、パソコンあるいはスマートフォンの液晶に映し出される文字情報に過ぎませんでした。そういう意味ではアンチ的意見と同じ重さなんです。むしろ、マイナスな言葉はかんたんに心に残るから、アンチ的意見のほうが重いくらい。

 でも、ライビュ会場でたくさんのプロデューサーの方と時間を共有させていただいて。プロデューサーが自分の担当を、担当以外のアイドルを応援している姿を見て、声を聴いて、そこでようやく、なんて言えばいいのかなあ、大丈夫だと思ったんです。まったく言語化できていませんが。大丈夫だと思ったんだよ!!!

 アニメ化のPVが流れたあと、思い返すと嘘のようだし、どこにそんな勇気があったのかという感じなんですが、隣の方と抱き合って「おめでとう」を言いました。自宅で、ひとりきりのまま、アニメ化のことを知っていたら、怖くて怖くて逃げていただろう私が。あの瞬間、びっくりするくらいに幸福でした。いっしょに喜んでくださった隣の方と、あの時間を共有してくださったプロデューサーのおかげです。ほんとうにありがとうございました!

 2日目もパフォーマンスについては省きますが、1日目と同じくらいに最高だったよ!前の席だとコールがものすごくよく聞こえるんですね。そりゃそうか、って感じですけれど。おかげさまでとてもコールしやすかったです。1日目と同様、やっぱり帰り道は目に映るなにもかもキラキラして、途中で入ったコンビニで急に涙が出てきて焦りました。情緒不安定かよ。

 

 えーっと、どうやって締めようかな。ここまで読んでくださった方がいらっしゃるなら、ありがとうございます。まとまりのない乱文でごめんなさい。

 正直「大丈夫だと思った」なんて力強く書いておきながら、2ndライブが終わってから10日間がたった今、マイナスな言葉を見かけると引きずられそうになることもあります。人間ってそうかんたんに変われないものですね。こんな文章をいきなり書き始めた理由も、揺らいだときに読み返すものが欲しかったからなのかも。うーん、それならいつかの自分のためにちゃんと記しておこう。だれかの嫌いより、自分とだれかの好きを信じようね!

 それじゃあ、おやすみなさい。

 

*1:担当の出演は2日目なのですが、両日とった理由は「夜空を煌めく星のように」が楽曲としてぶっちぎりで好きだからです。それは覚えている。

*2:そのとき、SideMはVDイベの最中で、アイドルたちに5g単位でチョコレートを渡すことができました。

*3:実際、私が参加させていただいた会場は少なく見積もって3割は男性だったと思います。

*4:杉田さんとしゅごんによる「雄馬君の嬉しい話」も個人的にかなりやばかったです。姉さん関連の話ならわざわざ杉田さんからしゅごんにリプを飛ばすことはないだろうって。