ゆめのあと

情緒不安定なオタクです

Five st@r party!! してきました

昼は現地、夜はLVでした。

 

好きを盲目と表すのなら、盲目でなくなった状態をはたして好きと言えるのだろうか。

わたしはセカライで魔法をかけられたプロデューサーであり、監督です。たくさんの輝きに魅せられて「好き」というステータス異常にかかったわたしは盲目だったからがゆえに運営批判をしなかった。それどころか批判をしているアカウントを見る度に嫌なら辞めろとおもっている側の人間でした。

あのときのわたしが今のわたしを見たら、まちがいなく「嫌なら辞めろ」と言うとおもう。マシュマロにやめたら?と送りつけてきた人物は過去のわたしなのでは……

Five st@r party!! はアニメのためのイベントです。参加するユニットもアニメに出ていたアイドルたち。だから、アニメに出ていないアイドルのプロデューサーにとっては退屈どころかひどくつらいものだったとおもう。実際にTLで泣いている方もちらほらいらっしゃったし。

このままだとたとえ4周年記念放送で二期が発表されても、ファスライセカライ格差は埋まらないのだろうなあ。それはどうなんだろう。

まあ、そのあたりは監督であるわたしが口出しできる問題ではないとおもっているのでセカライ担当のプロデューサーにまかせます。念のために書いておくとわたしはファスライ組セカライ組って呼称が苦手だけれど、それ以外になんと表していいのかわからなかったからごめんなさい。

 

それはともかくとしてガチ恋している声優の話を書きます。だれなのかは秘密です。

は〜〜かっこよかった……彼はまったく自分の好みの顔立ちではないのでカメラに顔が抜かれるたび、ええ、なんでわたしはこの人が好きなんだろう?と不思議になる。けれど好きだ。恋ってこういうことなんだなあ。その声優が声をあてているアイドルのシリコンスターリングを買って、左手薬指につけたら結婚しているようでたまらなかったです。だれなのかは秘密です。

彼はReason! が好きなんだろうなとおもう。ひときわ楽しそうに踊っているから。これからもずっとSideMにいてほしいな。いつかふらっと声優を辞めないでくださいね。イベントに現地参加できるときはせっせとファンレターを書くので(お、おもーい!)

わたしの周りは声優にガチ恋しているフォロワーというかお友達が結構いて、けれどみんな一様に苦しんでいる。不毛な恋なので。わたし自身も悩んでいます。年齢的にそろそろ現実的な恋をするべきなんだろうな、街コンにでも行くべきなんだろうなあって。それでも止まらないので、どれだけ格好悪くてもこれが恋です。好きだよ。わたしと運命を感じてください!

 

以下返信。

就活生さん、同僚申請ありがとうございました!ツイッターやゲーム内挨拶でお話すればいいのだけれど、このやりとり、文通みたいでたまらなく楽しいですね。

めちゃくちゃに律儀な方なんだなあとおもいましたが、Rの悠介と享介、ほんとうにうちにたくさんいるので(無限回収している)ここは先輩に甘えてください!わたしの顔を立たせて!それでも気が済まないときは、うーん、まあ、そうですね。出世払いでアイテムを支払ってください。バーは課金必須アイテムになってしまうのでゼリーで大丈夫です。楽しみにしています!

あと、わたし、就活生さんのブログをめちゃくちゃに見ているので閲覧数が回っていたらわたしのせい……かも……しれません……!ごめんなさい!怖がらせたいわけではないのですが結果として怖がらせている。ごめんなさい。でも、見ます。

就活生さんに素敵な方だと言っていただけて嬉しいけれど、そっくりそのままお返ししたい。就活生さんのアカウントを特定しましたが、ほんとうにツイッターで絡みのない方でおもわず笑ってしまいました。それなのにわたしのことをあんなに考えてくださったんですね。優しいなあ。就活生さんの毎日に一日一個といわず、たくさんのしあわせが降りそそぎますように!