ゆめのあと

情緒不安定なオタクです

東京に行ってきたよという話

ただいま夜行バスの二度目の休憩時間中なのですがまあ眠れないのでブログを書きます。眠いのに!眠いし、隣は空席なのでのんびりもできるのだけれどいかんせん眠れない。現実でなかったことが起きたのであああれは夢だったんだなあという一瞬もありました。確実にうとうとはしている。それでも眠れない。わたしの取り柄なんてどこでも寝られることくらいなのに。困りましたね!新しい長所を見つけなければ!

 

7月6日

日中は、あの、その、とんでもなかったのですが(ほんとうにとんでもなかった)(死を考えた)夜は楽しかったです!死ななくてよかった。その節はフォロワーさん各位に心配をおかけして申し訳ございませんでした。突然死生観の話になってしまうけれど、わたしにとって死はちょっと手を伸ばせば届くところにある事象で、生きていることは「死を選択していない瞬間が連続しているから」に過ぎません。どこかの一秒で死を取ったときにわたしは死ぬ。それはほんとうにかんたんなことで、一歩だけ、電車のホームや屋上の端から足を踏み出したら。踏み出せたら。いともかんたんにわたしの皮膚は破けて内臓は破裂するのです。でも、わたしがその選択をすることを拒んでくださる方がいるので!易々と!死を口にすることはやめようとおもいました。ねえどうして急に死生観の話になったの?次にいきましょう次に。

夜はお友達とデニーズに行きました。お友達、まーじで野菜ばかり食べるのですごいな!?とおもう。だってサラダに野菜のたーっぷり乗ったハンバーグを頼んでいたんですよ!?わたしはお肉ばかり食べました。たぶん、わたしと彼女が動物だったらわたしは彼女のことを捕食していた(草食と肉食なので……)彼女は年上のお姉さんで、わたしは年下のくせについつい生意気になってしまうので申し訳ないなあとおもいます。彼女の優しさに甘えている。しっかりしている彼女のたまに見せる戸惑いがかわいくて好きなので、ちょっと困らせてみたいなあといういたずら心もあります!えへへ!

わたしは推しのことを自分に似たところがあるから好きだと感じているけれど(同じ水瓶座ですし)(ほんとうに似ているのかどうかは知らないし、残念ながら知る術もないです)彼女は推しと自分に共通項がひとつもないから好きだと言っていて、ああ、スタンスがちがっておもしろいなあとおもいました。そのときにパッと浮かんだイメージがあって。わたしは自分の世界を円だと捉えています。その円の大きさや色の美しさはとりあえず置いておきますが、形はどこも欠けていない。完全な円です。けれど、彼女は彼女の世界を半円だとおもっている気がするのです。そうして彼女は彼女の推しの世界も半円だと、だからこそ、彼女は推しの世界と自分の世界を合わせることで過不足のない円にすることを目指しているのではないかなあ……勝手な想像なんですけれど……わたしが目指しているところはわたしと推しのそれぞれの円が重なることなのですが、彼女は半円同士が合わさることを願っているのだとおもうと、おたがいに姿勢は違えど素敵な夢を見ているなあって!おもしろいですね。わたしたち、似たようにガチ恋しているのに!そういう発見があってほんとうに楽しかったです。いや、発見というか一から十までわたしの妄想なんですけれど。まったく見当外れのことを言っていたら、次に会うときに叱りつけてください!

ここから夜行バスに乗ったのですが、長くなったので一旦切ります。東京に行ってきたよというタイトルなのに、まだ名古屋にいる。詐欺です。続きは帰ったら!

 

名古屋に帰ってきたので追記します。翌日分はこの記事に書かないと「東京に行ってきたよという話④」まで増えてしまうことに気がついたので!!!

 

7月7日

蒼井の誕生日が快晴とまでは言わなくてもいい天気だったので、嬉しかったです。お誕生日おめでとう!

どうせツイッターに投稿するときに名前を明かしてしまうのだけれど、どうしよう、ここでは便宜上AちゃんとBくんにしましょうか。お誕生日はAちゃんとBくんとアニカフェに行ってきました。Bくんに当てていただいたので!ほんとうにありがとうございました!池袋西口で無事に(無事ではない)ふたりと合流したあと、プレゼントだと言ってコウペンちゃんのぬいぐるみとマスコットをもらいました。嬉しくないですか?めちゃくちゃに嬉しかったです。今もわたしの膝の上で目を細めているのですが、この旅行のいちばんのお土産はこの子たちだなあとおもいます。はやく家に帰ってうちにいるコウペンちゃんに会わせてあげたい!

アニカフェまでの時間はカラオケでセカライを観ていました。興奮しすぎてあんまり記憶がないのですが、ほんとうにエグい空間だったとおもいます。あんなにひどい鑑賞会はないです。推しはただひたすらに楽しそうに歌って踊っていて五百回は惚れ直しました、大好き。結婚してほしい。Aちゃんは同じ監督なのですが、もう、めちゃくちゃに信用できるので。彼女がわたしの推しに恋することは地球が逆回転してもないなあって!ありがたいですね。まじで。

池袋東口のめちゃくちゃな人混みの中を進みながら、ふたりの後をついていく形でアニカフェに入店します。アニカフェ自体がはじめてでおろおろしているわたしに対して、ふたりの頼もしいことと言ったらなかった。年上としてのメンツ、0ですよ。0。案内された席のテーブルが見事にわたしたちの担当もBくんの担当も外していてちょっと笑いました。Wのアイスクリームをふたつ注文したのですが、ふたつは多いですね。お腹が冷えてしまう。アニカフェの交換文化というんでしょうか、トレーディング商品を交換するためにテーブルをくるくると回遊魚のように徘徊するという。楽しかったです!おかげさまでWの全部が揃いました。えへへ。タケルと大吾もBくんの手に渡ったのでよかった!それにしてもアニカフェの制限時間はまーじであっという間ですね……

それからはゲームセンターで蒼井のぬいぐるみを乱獲しました。もともと一組いたのですが、二組を獲得して合計で6人になりました!Aちゃんも5人もっていたので合わせてサッカーチームが作れるまでになりました。かわいいものは何体いてもかわいい!大好きな子たちと大好きな蒼井のお誕生日を祝えてしあわせだったなあ。忘れられない日になりました。

この日の夜、お友達の家に泊めてもらったのですがそれは7月8日にカウントして次の記事に書きます。7月8日も最高に楽しかったんですよ!思い出すだけで頰がゆるんでしまう!