ゆめのあと

情緒不安定なオタクです

死にたいという感情について

母親から死にたいと言われたことがある。そのとき、ああ、この人にとってわたしは生きる理由にならないのだとひどく落ちこんだ。わたしよりも死を選ぶのだとおもった。それはすごくさみしくて、かなしいことだったと今でも記憶している。

記憶しているのに。

わたしは大切なフォロワーさんに同じことをしているとおもう。フォロワーさんは優しいので、わたしが死にたいとこぼせば、本気で慰めてくれる。上っ面の言葉ではなくて。本心からあなたが死んだらかなしいと言ってくれる。あなたのことが好きだと言ってくれる。必要としてくれる。

自殺するってその人たちを裏切ることになるんだなあ。苦しめることになるんだなあ。

それでも死にたいとおもってしまうことの失礼さたるや!ほんとうにごめんなさい!自分が嫌になりそう(すでになっている)今日は12錠オーバードーズをしました。12錠くらいで死ぬわけがないとわかっているので実験のようなものです。自傷ですらありません。ただ、12錠くらいでも体調に変化が現れるのかを知りたかった。結果としてはなにもならなかった(せいぜいコンサータがききすぎて眠れないくらい)ので、本気のときはもっと飲むべきなんだろうなあ。オーバードーズ、失敗したら胃洗浄はめちゃくちゃに苦しいし後遺症も出るらしいので、ちゃんと致死量を知りたい。

自殺はほんとうに自分勝手な行動なんだなあとおもう。